View the original article here. This post was was originally published on this site

Xデーと呼ばれる日-世界で最も過密な都市の直下で大地震が起きれば、第二次世界大戦以来の甚大な被害が予想される。先端技術は東京を救えるか。

‘This is not a “what if” story’: Tokyo braces for the earthquake of a century

東京都港区。毎日午後5時になると、区内のスピーカーから童謡「夕焼け小焼け」のやさしいメロディーが鳴り渡る。人口3700万人を抱えるこの巨大都市では学校や公園など至る所にこうしたスピーカーが設置され、その数は数百台にものぼる。

毎日鳴るこのメロディーには、夜の訪れを知らせる以上の意味がある。人類史上最悪となりうる自然災害から東京都民を守るためのシステムをテストしているのだ。その災害とは、地球上最も過密な都市を直撃する地震だ。

これほどの大都市で基本的なライフラインが途切れたら、問題はかなり重大です

Continue reading…